セミナー

【レポート】人間塾2021年度入塾前オリエンテーション第二日目

2021年4月10日

人間塾 第8期生 北井結夏
(津田塾大学4年)

2021年4月4日、第10期生の入塾オリエンテーション二日目が行われました。第10期生の入塾を大変嬉しく思い、また先輩塾生として私自身も気が引き締まりました。

オリエンテーションでは、毎年塾長先生が人間塾の小冊子に書かれている教育理念の説明をされます。また、修了生との経験を元に様々なエピソードを紹介してくださいます。私たちはそのお話を通して、人間塾がどういう場所であるかを学びます。

人間塾2021年度ヤングセミナー・オリエンテーション:塾生の自己紹介

塾生の自己紹介

今回のオリエンテーションで特に私の心に残ったのは「丁寧に生きる」というお話です。仲野塾長が高校生の頃、当時の校長先生が「あなたは丁寧に生きていますか」と全校生徒に問いかけたそうです。そして、「丁寧に生きる」とは、音を立てずにドアを締めることに似ている、とその先生はおっしゃったそうです。つまり、最後まで力を抜かずに、手の指先まで細やかな神経を使って生きることこそが「丁寧に生きる」ということだと、話されました。仲野塾長は、日々このお話を思い出し、生活しているとおっしゃっていました。

人間塾では、ヤングセミナー、お習字研修、合宿など全ての活動で私たち塾生が「丁寧に生きる」ための教育が行われています。私も今年で3年目になります。初心を忘れず、丁寧に生きていきたいと思います。

午後の時間は、「BS制度(Brothers and Sisters制度)」という今年度から始まる取り組みの導入を行いました。BS制度は、今年入塾してきた10期生に1日でも早く人間塾での生活に慣れてもらうことを目的に作られました。先輩塾生(7~9期生)から2人、10期生が1人の合計3人でグループを組み、先輩塾生は担当の10期生が抱えている不安や悩みを聞く役割を担う制度です。10期生の人間塾での生活をサポートしながら、自らもまた成長の機会を得ていきます。

人間塾2021年度ヤングセミナー・オリエンテーション:BS交流の様子

BS交流の様子

この日は全塾生が集まり、BS制度のグループメンバーが発表されました。メンバー発表後、3人一組になっての話し合いは、皆表情も生き生きとして、大変盛り上がっていました。私自身も塾同士、しっかりお話できることがとても嬉しく、個人が持つ背景や考えも聞くことができ充実した時間となりました。

次は、4月8日に今年度第1回目のセミナーが行われます。互いに協力し合い、ときに切磋琢磨して成長していきたいと思います。



塾長のそれでええやん!

塾長・仲野好重が日々を綴った連載
※連載は一旦終了しました。