• よくあるご質問
  • お問い合わせ

お知らせ

クラシックコンサート「英雄の生涯」への助成事業について

2013年12月27日

クラシックコンサート「英雄の生涯」へのお誘い

2014年2月9日、東京芸術劇場(東京・池袋)で開催される、コンサート「英雄の生涯」には、ある深い話が隠されています。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響でキャンセルとなった、ある音楽家の引退コンサートにその話の元があります。
読売交響楽団のソロコンサートマスターだった藤原浜雄さんの引退コンサートは同年の3月14日に予定されていました。演目は、リヒャルト・シュトラウスの「英雄の生涯」で、読響のメンバーとも練習を重ね、準備されていましたが、震災の発生により、引退コンサートは行われることなく、この藤原さんは読響を去ることになりました。

くしくもテレビ朝日の開局55周年を記念して、2月6日から11日まで東京芸術劇場にて、「ベートーヴェンからビートルズまで!なんでもクラシック2014」という一大イベントが開催されることになりました。この6日間で、23以上のコンサートが開かれるのですが、その中の目玉となる演奏会が、この「英雄の生涯」コンサートで、しかも藤原浜雄をコンサートマスターにして上演しよう!という話なのです。
しかし、読響はシーズン中で全員集合は叶わず、他のオーケストラにも無理は言えません。そこで、テレ朝の中嶋豪プロデューサー(塾長仲野の盟友です)は、この2月9日一日だけのために、それもたった2時間のためだけに、英雄の生涯を演奏する日本に一つしかないオーケストラを編成しようと考えました。そして、在京のオーケストラを中心に日本のトップ集団17楽団から25名のコンサートマスター、首席奏者、元コンマスらをそろえ、総勢100名の第一線で活躍する演奏家たちを、集結させることになりました。この演奏家たちも交通費程度にしかならないような出演料で演奏することを快諾されたそうです。それほど、この藤原さんと共に演奏したいということと、音楽監督として今回は黒子に徹しておられるN響の元コンサートマスターの徳永さんのご人徳であると思われます。

さて、このような隠れたストーリーがあるコンサートであるにもかかわらず、ほとんど一般には周知されていないこと、さらには、このよう日本のトップクラスの演奏家たちが一堂に会することは今後多分ないであろう機会を、何とか若者たちに見せたいという思いが交錯し、人間塾も何か協力していこうという運びになりました。
一つは、このコンサートをわかりやすく周知するための広報用のチラシ印刷への助成。もう一つは、通常5000円のチケット代金を、人間塾からの助成を使って、2000円にして学生に提供するということです。学生にとってはいくら一流のコンサートと言っても5000円は少々高いかと思われます。そこを2000円で聞いていただければ、もっと気楽に参加できるのではないかと思います。
このコンサートをきっかけに、震災を乗り越えて演奏にたどり着いた人々の思いが広まっていけばいいという願いも込めています。
学生の皆さん、どうぞ奮ってお申し込みください。また一般の方々も、このような主旨で開催される「英雄の生涯」コンサート、ご支援くだされば幸いでございます。

詳細は、PDFをご覧ください。

一般財団法人人間塾
代表理事 仲野好重

クラシックコンサート「英雄の生涯」フライヤー

フライヤー(PDF)
PDFをダウンロード

開催日
平成26年2月9日(日)
開演
11:00
会場
東京芸術劇場 コンサートホール
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
主催
テレビ朝日/BS朝日/イープラス
共催
東京芸術劇場(公益財団法人 東京都歴史文化財団)
協力
豊島区/公益財団法人 としま未来文化財団


※当塾助成による特別割引チケットは学生対象です。
 限定300席ですので、売切の際は、ご了承ください。

※テレビ朝日・なんでもクラッシック2014:「ふたつの英雄物語」のページ
 http://nandemoclassic.jp/programs/9-1.html


Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックして、ダウンロードしてください(無償です)。