• よくあるご質問
  • お問い合わせ

塾長のそれでええやん!

小豆島の風~その3~

遍路道をひたすら

 二日目・・・、筋肉痛が出てくる人も。普段使わない筋肉を使って歩いているのですから、当たり前ですよね。今日から9月1日というのに、やはり暑い!朝方は雲が出ていて少し涼しいかと思いきや、そうは問屋が卸さない。やはり暑い遍路の道行です。

 

 

今、ここに感謝

 歩き続けている自分が何に囚われ、縛られ生きているのか。歩き続けることで、自分の姿の中にある「何が」見えてくるのか。大いなる課題です。迷いながら、苦しみながら進む中、しかしその先にある札所では、一心に手を合わせ、大きな声でお経を唱える輝く顔に出会います。二日前の集合時に見た参加者の顔は、二日目の遍路を経て、少しずつですが、内面から輝くものを持った顔に!不思議ですね。そして素敵ですねこの笑顔。

 

すいかのお接待

 行った先々で、温かいおもてなしに遭遇します。遍路では特にこれを「お接待」と呼んで、土地の方々はとても大切にされていると聞きました。我々人間塾のメンバーもいろいろなところでお接待を頂戴しています。いつか、どこかで、今度は私たちがお接待をさせて頂く側になれればと願います。歩けることに感謝、お腹が空くことにも感謝、のどが渇くことにも感謝。だから休息が嬉しく、食事が美味しく、一杯の水に生きる喜びを感じるのですから。