• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

私は何者?~その2~

「自分は何者であるか?」

この問いに、「ボク、曲者(くせもの)」と言った子どものように、

すんなりと答えられればいいのですが・・・。

実際は、いくつになっても自他ともに納得できる、

明確な答えは、なかなか出てきません。

迷い、悩み、時にはつまずきながらの道のりです。

 

しかし、私は、こう思うのです。

自分とは何者であるか?の答えが見つかることも大切。

だが、どんなことがあっても、

それを探そうとする意欲と姿勢を持つことの方が、

もっと大切であると。

意欲は低下し、生きる姿勢はいつの間にか惰性に変わることがある。

だから、モチベーションを持ち続けることは並大抵のことではない。

生きた結果の評価は死んで初めて下されるもの。

つまり、自分自身ではその評価を目の当たりにすることも、

それに対して反論を唱えることもできないのです。

ただ、私たちに許されているのは、

真っ直ぐに、ひたすらに、全身全霊を込めて生き抜いているかどうか。

このプロセスに、その人の人間性が現れるのですから・・・。

 

セルバンテスの名言をご紹介しましょう。

よくよく読んでみると、考えさせられますよ。

ラ・マンチャの男の中に書かれている言葉です。

 

「夢におぼれて現実を見ないのは狂気だ

現実のみを追って、夢を持たないのも狂気だ

だが、一番憎むべき狂気は、

あるがままの人生に折り合いをつけて、

あるべき姿のために戦わないことだ」

 

(了)