• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

私は何者?~その1~

私はよくこのように思うのです。

私たちの究極的な人生の問いはただ一つだと。

それは・・・、

「自分は何者であるか?」

これは大変難しい問いですよ。

一生かけて探していると言っていい。

そして、この問いに答えるために、

私たちは人を愛し、

さまざまなことを学び、

一生懸命に働き、

日々の行動をしているのです。

 

こんな話をすると、

「仲野塾長は精神論が好きだな」とか

「あくせく生きている自分にはそんなことを考える余裕はないよ!」

という人が必ず出てくるでしょう。

しかし、「自分とは何者か」という問いは、

呑気に構えていて答えが出るものではないし、

そう生易しい問いではないのです。

これは私たちの魂に関係する問題。

人間としてどう生きるべきかを、

根本から問う問題なのです。

そして、この問いを考え始めたら、

考えなかったころに戻ることは出来ない。

 

ところで、「自分は何者か」という問いで思い出すエピソードを一つ。

ある小学校に、私が授業参観に行った時のこと。

給食の時間も参加したのです。

すると子どもたちは、私に興味津々で、

「どこから来たの?」

「何してる人?」

と盛んに聞いてきます。

そこで私も、子どもたちに聞いてみました。

「君はいったい何者?」

子どもはこう答えました。

「ボク、曲者(くせもの)」

アッパレ!

子どもの発想は素晴らしい。

これには思わず大笑いしました。

(続きます)