• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

伝える力、伝わることば~その2~

皆さんだったら何と呼びかけるでしょうか?

この子たちは本当に賢いと思いましたよ、私は。

私のプライドをくすぐるようなことを言うんです。

それは・・・

私に向かって、「先生」って言ったんです。

もちろん、私は喜んで、「なあに?」って返事をしました(笑)

子どもたちも安心して、

「先生!見てほしい、逆上がりー」と言ってきたので、

「いいよー、見てあげるよー」と答えました。

 

彼らが、最初に「おじちゃん」と言ったのは、見た目で判断をした。

でも、違うって思ったとき、今度は「お兄ちゃん」と言いましたね。

それは年齢よりも上に言い過ぎたかなと思い、

ちょっと年を若くしようと考えて、お兄ちゃんと呼んだ。

つまりは、私が男性だと思って疑わなかったわけですが・・・

それでも返事をしないから、彼らは間違ったと思った。

見た目は男の人みたいな格好をしているけど、本当は女性だと思って、

性別を修正することができた。

でも年齢は修正できなかったから、

「おばちゃん」と言ってしまったわけですね。

でも、この子どもたちが賢かったのは、

「おねえちゃん」と呼ばなかったところです。

年齢ではないんだ!もっと根本的にこの人を振り向かせなくてはならない!と思って、

子どもたちは一生懸命考えたんです。

 

男女の性別を超えて、年齢を超えて、

幼稚園の現場で誰にでも通用する呼びかけは「先生」ですね。

そこに、この子たちは着目したのです。

これが入園して間のない4歳児たちの思考です。

これは相手の立場に立った例、そのものですね。

おじちゃんと呼んでも、お兄ちゃんと呼んでも、

おばちゃんと呼んでも、相手は返事をしてくれない。

どうしようと思ったとき、この人の立場に立って、

どう言えばこちらに振り向いてくれるか。

どう言えば相手は納得してくれるのか・・・

そうだ!「先生」という言葉だ!と考えついたわけです。

結果として大成功だった(笑)

 

これが4歳児たちの知恵です。

もうこの歳で共感する能力が備わっている。

相手の立場に立って物を見ることができる。

私の反応を見て自分たちの出かたを決めることができる。

4歳児たちの知恵に、思わずスゴイ!と、

拍手を送った出来事でした。

 (了)