• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

伝える力、伝わることば~その1~

関西のある都市で教育委員長を務めていた時、

よく現場へ出向いたものでした。

そこで沢山の子どもたちと出会ったんです。

5月のある日に幼稚園を訪ねた時のことです。

その園は年中と年長の子どもが通っていました。

だから4歳児と5歳児くらいの子どもたちだと思ってください。

最初は子どもたちが遊んでいるところを、

私は教室の隅でジッと見ていました。

子どもたちはよそから来た私に興味を持っているから、

チラチラとこっちを見てくるんです。

でも私は教室の後ろで見ていましたから、ほとんど言葉を交わすことなく、

今度は園庭での自由遊びの時間になったんです。

みんなは鬼ごっこやドッジボールなんかして、

本当に楽しそうに遊んでいました。

私も庭に出て、子どもたちのことを見ていました。

そうしたら、3人の4歳児が後ろの方で、

何かヒソヒソと相談しているのが聞こえてくるんです。

男の子が2人、女の子が1人の3人組でした。

その女の子がこう言うんです。

「ねえねえ、あの人に逆上がりできるところみてもらいたい」って言っているのです。

どうやら、あの人とは私のことらしい。

そうしたら「ボクも見てもらいたい。ボクも逆上がりできるよ」と、

二人の男の子たちも言っているんです。

すると、「わかった。じゃあ私が頼んでみる」と女の子が決意して、

私のところにトコトコとやってきた。

そして女の子が私にこう呼びかけました。

「おじちゃん」って・・・

おじちゃん?また私の格好を見て、間違えているなと思っていたら、

もう一回、「おじちゃん、逆上がり見て」と言ってきました。

私はもちろん返事をしませんでした。

おじちゃんじゃないわ、お姉さんと呼びなさい!と思いながらジッとしていた。

そうしたら女の子は男の子たちのところへ戻って、

「ねえねえ、返事しないよ。間違ったかな」と相談しはじめた。

すると男の子が、「きっと間違ったんだよ。ボクが行くよ」と言って、

次に男の子が一人でこちらに歩いてきた。

そして、私に向かって「お兄ちゃん」と呼びかけてきたんです。

おじちゃんの次はお兄ちゃんかと思って、

また私は返事をしませんでした。

彼は戻って、「間違ったかな、ボク。あの人、返事しないよ」と報告しています。

そうしたら、もう一人の男の子がこう言ったんです。

「分かった!ボク、分かったわ!間違ってたんだ、ボクたち」と、

何か閃いた様子でした。

だから、何と言うのかなと思って、私はワクワクして待ってたんです。

彼はゆっくりと、そして自信満々な様子で近づいてきました。

そして・・・

「おばちゃん」と呼びかけてきた。

う~ん、それは決して間違っていないんだけど・・・

おじちゃんとお兄ちゃんって言われて腹が立ってるから、

おばちゃんでは返事するもんか!とジッとしていたら、

もう一度「おばちゃん、見てー」と言ってきました。

それでも返事をせずに立っていたら、

彼はしぶしぶ輪の中に戻っていきました。

「おばちゃんって言ってもだめだよ」と話して、

皆で考え込んでいるんです。

面白いことに彼らは決して諦めない!

その時、女の子が、「分かった。こうしよう!」と言い、

皆で相談しはじめました。

もはや私も、次はどうくるのだろうかと期待して待っていたわけですが(笑)

さあ、この子たちが、私に呼びかけた言葉は、一体何だったと思いますか?

(続きます)