• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

生きて、燃えて~その2~

当時、彼女に初めてお会いした時、彼女は95歳でした。

104歳の時、自宅で82歳の娘に看取られて亡くなられましたが、大往生です。

この方は103歳まで、なんと、お家のお炊事を全部していました。

そして彼女の娘はというと、一番得意なものがお風呂の掃除だったんです。

82歳の娘は104歳の親を生かさなければと思っているから、

ピーンシャーンなんです!!

そんな親子のところへインタビューに行ったのですが、

もう本当にものすごいエネルギーで、

こちらが元気になるくらいパワーに溢れていました。

お話しされることが、本当にずばずば来るんです。

その方にかかれば、私も、

「40歳そこらでそんなこと言っても甘い」と言われる。

そして、「95年も生きたら見えてくるものがある。

あなたはまだ50年以上かかるわよ」と言われました。

95歳になって、やっと見えてきたものがあると言うのです。

 

最後にお目にかかったのは、彼女が103歳の時でした。

その時に、「103歳で見えてきたものがありますか?」と、

もう一度聞いてみました。

彼女は「100歳になったときに見えたものがある」とおっしゃった。

「それは何ですか?」と聞くと、

「人間が生きて行くということの苦しみ、悩みの真実が少し見えてきた。

私の場合は100年かかった」と・・・

当時、40年そこそこの私なんて、もう圧倒されっぱなし。

その人の前に立つと、やはり子どもも子どもでした。

たわいもない会話なんですが、

彼女の生きた証そのものとでも言うでしょうか。

そんなエネルギーに満ち満ちた103歳もいらっしゃる。

だから、私たちはいたずらに歳をとっていくわけではありません。

歳を重ねながら少しずつ深まり、熟していくんです。

 

人間としての深まりや熟した心の諸相というものは、

ある程度の人生経験を積まなければ身につきません。

また、何も考えずに生きているようでは、

深まりも熟すこともなく終わってしまいますね。

自己を鍛練し、物ごとを考え、時には決断して、

何かを乗り越えた時に、はじめて深まり、

熟していくんです。

ですから、並大抵のことではありません。

でも、全ての人に自らの命がこと切れるその瞬間まで、

深めることが許されている。

熟していくことも許されている。

今からでも全然遅くありません。

それこそが人間の発達なのですから。

(了)