• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

生きて、燃えて~その1~

ユングという学者はこう言いました。

『人生は、「午前」と「午後」の二つに分けられる。

その分かれ目の時期が40歳である』と。

 

太陽がサンサンと差し込んで明るいのは午前中です。

大抵の人はエネルギーに溢れています。

力がみなぎっている人生の午前中は、

だいたいの区分で言うと40歳代までだと彼は言うんです。

私は今もなお、人生の前半を生きているつもりですが(笑)

 

一方で、人生の午後は40歳代以降だと言う。

朝があれば夜になるのは人類共通です。

人間の一生も同じ。午前中があれば午後がある。

でも、午後というのがいいですね。

少しホッとできませんか?午後は楽しみがいっぱいありますよね。

例えば、1日の食事の中で夜ご飯が一番楽しみ!という方もいるでしょう。

また、夕食後に団らんをなさるでしょう。

いやいや、夕食や団らんもいいけど、

私が一番好きなのは寝ることだ!という方もおられます。

色々なものを吸収して、色々な楽しみ方ができるのは人生の午後なんです。

 

40歳くらいまでが人生の午前中と言われると、

ずっと頑張って生きてきた私たちも、

少しもの悲しい感じになりますが、決してそうではない。

考えてみると、午後のほうが時間は長いですね。

エネルギーに溢れて、これから1日が始まるぞ!

という時間は数時間です。

人生でも40歳くらいまでは本当に助走期間だと思います。

その人の真髄が出てくるのは40代、50代、60代、70代。

いよいよ完成されてくるのは80歳、90歳代です。

だから、午後というのは素晴らしい実りの時期と言えるでしょう。

 

以前、私は高齢者の方にインタビューをして回ったことがありました。

本当にたくさんの方にお話を伺いましたが、

100人いれば100通りの人生があるものですね・・・

1つ印象深かったお話をご紹介しましょう。

 

私は高齢者の皆さんにインタビューする中で、

「死についてどう思いますか?」という質問をしました。

皆さんはどうお答えになるでしょうか?

今、生きているのだから、そんな話はあまりしたくない。

命があることだけを考えて生きたい。

大抵の人は死ぬことなんて考えたくもないですね。

実際、「縁起でもない話をしないで下さい」と怒られたこともありました。

「申し訳ございません」と謝りつつも、

それでもなお伺うと、ある方はこう言われたんです。

「私は死ぬ気がしないんです」と。

この時、御年95歳の方でした!!

(続きます)