• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

国境なき親子の愛~その4~

その後も沢山の子どもを観察してきましたが、

アメリカの子どもたちは、

言葉を使って自分の思いを表現することが上手なんですね。

もちろん、日本にも言葉を使って、積極的に自分を表現する子どもは沢山いました。

でも、どちらかと言えば、

おとなしい子が多かったように思います。

30年近く前の話なので、

今の子どもたちの気質とは、また違うと思いますが、

いかがでしょうか。

 

こうした、子どもたちを育てる原動力になるのは、

やっぱり、子どもたちの親、

そして親の世代です。 

日本でも、アメリカでも、

文化的に異なる国々であっても、

共通しているものは、

皆、一番良きものを次の世代に伝えようとする心です。

それが本当に良きものであったか、

そうでなかったかは、

何十年も経って、

歴史を振り返ったときにしかわかりません。

私自身も、たくさん良いものを、

親から、祖父母から、

そして多くの方々から伝えてもらいました。

 

もしかすると、

足りなかったものもあるかもしれません。

でも足りなかったことを嘆くよりも、

たくさんいただいたことに感謝したい。

そして、今度はより良い形にして、

次の世代にどう残していくのか・・・

これこそが私たちにとっての、

大きな課題だと思うんです。

私自身も含めて、なかなか上手にできませんが、

私たち一人ひとりの大切な使命だと思っています。

(了)