• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

国境なき親子の愛~その3~

日本のお母さんたちは、

「手も、口も出さないでくださいね」と最初に約束すると、

皆、「わかりました」とおっしゃいます。

そして、椅子に座って子どもを見守ります。

ここまでは日本もアメリカも同じ。

さて、子どもは遊びを進めていく中で、行き詰まった時に、

やっぱり「ママ」と言いたくなるんですね。

すると日本のお母さんは、「ママ」と子どもが言う前に、

「それでいいの?」

「大丈夫なの?できるの?」

「ママは心配よ」と言って予防線を張るんです。

子どもはそれだけで、カッと緊張してしまいます。

「このままだと間違う」

「間違えたらどうしよう」と思って、

その都度、お母さんの顔色を見てしまうんです。

顔色を見られたお母さんたちは、

「口も手も出してはいけない」と言われているので、

一体どうするのか・・・

すると、プロ野球チームの監督みたいに、

ブロックサインを出すんです。

子どもはパッと関知します。

口でだめとは言っていないし、手を出しているわけでもない。

でも表情や首を振ってみるなど、

ビデオにはバッチリと映っておりましたが(笑)

 

子どもはそのサインを実に上手くキャッチします。

日本の子どもたちは、

表情を読み取る能力、感じ取る能力が抜群だと思いました。

そんなこともあって課題を解決するまでの時間は、

ギュッと凝縮されます。

せいぜい10分、15分と、

大人が一人でやったくらいの短さで終わるんです。

アメリカの子どもが1時間はかかる課題を、

日本の子どもは15分で終わらせる。

この違いはおもしろいなと思い、

ますます私の興味を惹きました。

(続きます)