• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

国境なき親子の愛~その2~

アメリカ人のお母さんたちは、

「どうしたの?」というふうに、

身を乗り出して、話を聞こうとするんです。

そして、必ず「あなたは次にどうしたいの?」

「どういうふうにするのがいいと思うの?」と、

子どもの意見を聞きます。

そう聞かれた子どもは、

「僕はこういうふうにしたかった」

「私はこういうふうにやろうと思った」

「でもそれではうまくいかなかった」と答えます。

すると、お母さんは失敗することが分かっていても、

「もう一度、やってごらん」と言うんです。

子どもはもう一度やってみますが、

やはりできません。

子どもは「できない」と訴えるのですが、

ほとんどのアメリカ人のお母さんたちは、

「では、どうしたらいいと思うの?」

「考えてごらんなさい」と言います。

そして子どもはまた、じっと考えてみる。

「わかった!」と言いながら、またやってみる。

しかし、こちらも簡単に「わかった」と

言わせない課題を作っておりますので、

なかなかうまくできません。

そして、「ママどうしよう」と再び助けを求めてくるのですが、

そこでもお母さんは、

「いやいや、諦めないで」

「もう一回考えてごらんなさい」とうながします。

すると何度も試行錯誤をしているうちに、

子どもは母親に励まされて、ようやく解決策を見出します。

そして満面の笑みで「できたよ!」

と言うのです。

本当にそれが正解で、上手に出来ているんです。

そうすると母親は大喜びして、「よく頑張ったね」

「やっぱり諦めないでがんばっていい結果が出たね」

「良かったね、うれしいね」と、

ギューっと抱きしめてたくさんキスをします。

子どもは「次もまたやるよ!」

「がんばるよ!」と、

ますます張り切ります。

 

「何度、子どもが失敗しても見守るような、気長な親たちだな」

とお思いになりましたか?

でも、本当に時間がかかりました。

私たちがやれば5分で済むものが、

おおかた1時間くらいかかる。

お母さんたちは内心、

とてもイライラしていたでしょう。

手や口を出すのを我慢し続けるという、

親にとって忍耐の場面だと思います。

さて、一方で日本のお母さんはというと、また違ってくるのです。

一体、どう違うのでしょうか。

(続きます)