• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

国境なき親子の愛~その1~

親が子どもを愛し、

大切に育てる。

子どももまた、お母さんのことが大好き。

それは、日本でもアメリカでも、

なんら変わりありません。

けれども、おもしろいのは、

お母さんと子どもとの関わり方が、

文化によって大きく違うということです。

日本の親子関係は、

運命共同体的関係です。

一方で、(ある地域の)アメリカの親子関係は、

運命共同体どころか、

「あなたはあなたの道を行く、

ママはママの道を行く」

という関係なんです。

それは子どもが3、4歳であっても、

はっきりと違いが見えました。

 

アメリカでの大学院生時代、

母子関係の発達に興味をもった私は、

お母さんと子どもに協力をえて、

母子関係について研究をしておりました。

特に、文化的な差ということに、

興味がありましたので、

日本でもアメリカでもビデオを回して、

数十ケースの記録を撮らせていただきました。

レゴのブロックや、ジグソーパズルなど、

子どもたちの好きな遊びの場面を設定して、

その様子をビデオで撮影したんです。

ビデオカメラは見えないように設置して、

なるべく自然のままの姿を、

撮影できるようにしました。

実は、この遊びには少し難しい箇所を用意しています。

そう簡単に、ひとりでは作れないような仕掛けをして、

必ずどこかで、「お母さん助けて!」

という声が挙がるようにしています。

そこで、「お母さん、助けて」

と子どもが言うまでは、

絶対手も、口も出さないでくださいね、

とお母さんに頼んで部屋を出るわけです。

それを忠実に守ってくれるのは、

アメリカ人のお母さんたちでした。

手も口も出しません。

椅子にリラックスして座り、

子どもに「さあ、やりなさい」と。

子どもは「ああでもない、こうでもない」と、

一生懸命に遊びを続けます。

でもやがては乗り越えられない、

難しい局面に出会います。

その場面で、子どもはいろいろとやってみるのですが、

なかなか思うようにできません。

次第にイライラしてきます。

そうすると、

「お母さん助けて」

と声をかけるわけです。

アメリカ人のお母さんたちは、

子どもに声をかけられて、

どう対処したのでしょうか。

(続きます)