• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

心に熱きともしびを~その2~

私たちは誰しも、

世代と世代をつなぐ役割を持っています。

前の世代と、次の世代の、

ちょうどつなぎ目が自分の世代、

つまり自分自身なんです。

自分がどこかの世代と積極的につながることも大切です。

また、相手の方からつながって欲しいと、

やって来てくれることもあります。

だから私たちは、

どの人生の時期を生きていても、

常につなぎ目の部分になれるのです。

しかし、その時に燃えていなければ、

つながってはいかない。

少々、利口そうな顔つきをして、

物を知っているようなふりをして相手に話しても、

伝わらないのです。

 

今の世の中、何をするにしても、

計算高い人が多いです。

これだけの労力を費やしたから、

お金に換算したらいくらかな、とか。

これだけのことをしたら、何時間かかる、

だから損だ(あるいは得だ)と判断する人も多いのです。

誰でもわかる電卓をすぐに叩いて、

出てくる答えで判断する。

でも、メラメラ燃える情熱は、

電卓を叩いても答えは出てこないですよ。

それを評価するのは伝えた相手だけです。

情熱を注いで生きている人を見た人が、

「何か燃えているな・・・」

「興味をひかれる・・・、少しついて行ってみよう」と。

そして、「私にも火を分けてちょうだい」と

言ってくれたら、大成功。

前の世代、次の世代に、

情熱を分け与えているのですから

これはまさしくつなぎ目です。

そういう役割を私たちは、

だれしもが担うべきであるし、

担えるのです。

本当に世代をつなぐということは、

私たち一人ひとりが燃えていなければできない。

 

激しく人を焼き尽くすような、

激しい燃え方の時期が人間にはあります。

本当に凍えそうな心を持った人を、

ポカポカと温めるような、

おおらかな火で包みこむ時期もあります。

消えそうだけど消えないで、

細々であっても種火のように燃えている。

でも火は火なのです。

命が終わるその時まで、

絶やしてはいけない。

それが何か私たち一人ひとりに与えられた、

使命じゃないかと私は思っているのです。

(了)