• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

心に熱きともしびを~その1~

世の中には、

次の社会を担う若い方がいる一方で、

社会でバリバリと活躍されているミドル層の方、

そして人生の後半期を生きておられる先輩方と、

いろいろな世代の方がおられます。

では、今の世の中に、何が一番足りないか。

それは熱い心、情熱です。

皆、こころに炎を持って、

メラメラと燃えていたら、

それは自分以外の世代に必ず伝播します。

「あの人は若いけど頑張っているな」

「年齢を重ねても、まだまだ燃えていらっしゃるな」

「あー、あの人は魅力的だな」と皆が寄って来るのです。

それが次世代に何かを示す姿勢だと思います。

何かに燃えていないといけないのです。

講釈ばかり口にして、

「こうしなきゃだめ、

ああしなきゃだめ。

私たちの若いころはね・・・」

という話をよく聞くでしょう。

「私たちが若いころは・・・」という話が始まったら、

最後のおちは、

「今の若い子は駄目だね」と来るんです。

でも、本当に燃えている人が語れば、

その講釈は「教え」に聞こえてきます。

 

学生時代、クラブ活動にいた、

熱血漢の先生を思い出してください。

皆、一人や二人はお出会いされたでしょう。

私もソフトボールをしていましたけど、

今から思ったら顧問は無理をよく言う人でした。

全然理にかなっていません。

「お前たち、気合が足りない!

グラウンド10周走れ」と言って、

自分は怒りながら去っていくのです。

そして、20分くらいしたら戻ってくるのです。

帰ってきた時も眉間にしわを寄せて、

難しい顔で帰ってくるから、

皆、「怖いな」と思いながら走っていました。

学校を卒業して、

もう30代になり、

先生とお酒を酌み交わしていいような年になってから、

「先生、あの20分間は何をしていたのですか」

と聞いたら、

「あれか・・・、夏は暑かっただろう。

まず麦茶の一杯も飲んでから一服しないと」

と言っていました。

「20分といったら、

5周から10周走らせたらちょうどいい」と、

そんなぐあいです。

自分が休憩したいから、

私たちにグラウンドを走らせていたわけです。

でも、私たちは信じていたのです、

私たちのために叱ってくれているのだと。

なぜなら、その先生は、

常に燃えている方だったからです。

どれだけガツンと言われても、

熱血漢で熱い情熱を持った先生の言うことだから、

この先生について行けば間違いないと思っていました。

この先生はいつも情熱を持って、

私たちのことを見てくれているから、

言われたようにすれば上手くなる。

と信じていたのです。

だから無理難題でも、講釈でも、

燃えている人が語ってくれたら、

それは「教え」に聞こえるわけです。

燃えていない人が言うと、

ただ耳に入ってくる、

うるさい騒音でしかないのです。

そこが大きな違いなんです。

(続きます)