• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

人生を語り継ぐ~その3~

でもそれをずっと語りながら、

こうだったああだったと、祖母なりに思い返すこと、

これはやっぱり一人でしないといけない作業でした。

私は聞き役です。

それを納得して語って、

乗り越えて受け入れて、

幸せだという結論を出すのは彼女一人の作業です。

ですからやはり人間は孤独なのです。

死を迎えるときには一人で逝かなければならない。

いくら大好きでも一緒には行けません、

しょせんは孤独な存在なのです。

生きることそのものは代理不可能なこと。

徹頭徹尾、誰にも代わってもらえません。

最初から最後まで、

私たちは孤独な存在であるという出来事に遭遇して、

それを背負って生きております。

孤独を経験するからこそ、

人の温かみが分かります。

孤独ってつらいなと思うからこそ、

助けられ、助けたいと思います。

孤独という経験があって初めて、

人と共に生きるということのありがたみが分かってくる。

だから孤独を通らないと、

共に生きられないんじゃないかと私は思い始めているのです。

皆、だれもが孤独を背負って生きていますけど、

そういうときに他者との連携がほしいし、

共感したいし、仲間と共同作業をすることによって、

その孤独を乗り越えていけるものなのです。

 

どなたも孤独を経験されたことがおありでしょう。

この孤独の意味を探そうとする、考えてみる。

孤独は人とのつながりを生み出す原動力ともなるのではないか、

そういうふうに私は考えているのです。

(了)