• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

人生を語り継ぐ~その2~

これは他人には聞けません。

血のつながったおばあちゃんだから聞けることなのです。

こんな不躾な質問も許されるであろうと思い、

思い立って聞いてみました。

祖母の話も、だいぶ晩年に差し掛かった頃です。

80年近い人生を聞いてきたあたりで、

「ところでおばあちゃん」と。

「1つききたいことがあるんです」と。

「何?」と、祖母は言いました。

「そろそろ人生の終盤に差し掛かって、

もしかして先は短いかもしれないし・・・。

それを前にして、人生は幸せでしたか?」

と聞いたわけです。

そしたらまずこう言いました。

「まだ死んでないのにそういうこと聞くの?」

「それあなたの心理学の研究?」と聞かれたんです。

「実験のモルモット?」とも聞かれました。

実験とか研究って聞いたら、

祖母の口からはモルモットって言葉が出ますからね。

「申し訳ないけど、ちょっとモルモットになってよ」

と言ったんです。

「まあ仕方ないね」って。

祖母はずーっと考えこみました。

「うーん、苦労したわ」と、

つらかったし、いろいろとしんどいこともあったと。

実は子どもが4人いたんですけど、

私の叔母にあたる一番末の娘を、

小学校6年生のときに病気で亡くしていました。

私が見たこともない叔母のお墓参りに、

よく祖母と行っておりましたけど、

お墓の前に行ったら、

幼くして亡くした娘の前で、

時折、涙を流しておりました。

だからそれも本当につらかったと。

でも最後にこう言ったんです。

「でも私幸せだったわ」と、

「この人生でよかったと思う」と。

あー幸せだった、この人生でよかったわって思いながら、

逝ったということは、

残されたものには大いなる希望です。

もっとああしたらよかった、

こうしたらよかったって元気なうちは誰でも思いますけど。

でも全部ひっくるめて幸せだったのよ、

と言ってくれたあの声と言葉を思い出すと、

よかったのかなと、慰められます。

私とのあの3週間近い作業、

幼いころからの話を語って孫に聞かせ、

そして最後、「幸せだったのよ」と、

自分の人生をとりまとめて眺めてみること。

これは祖母にとっても、

意味のある作業だったと思います。

ですから自分はちょっと自負しているんです。

いいことをしたんじゃないかなと。

(続きます)