• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

人生を語り継ぐ~その1~

「生きていることは苦しみの連続に襲われること」

ということばがあります。

私たちはさまざまな危機をはらんで生きています。

時に生きていること自体しんどいなあ、

と思うことも多々あるわけです。

しかし、目の前にある苦しみや、

しんどさは自分で乗り越えていくしかない。

自分一人でやるしかない。

数ある苦しみの中でも、一番辛くしんどいことは、

死を迎えることだと思います。

 

私には大変尊敬する祖母がいました。

祖母が亡くなって10年以上が経ちます。

その祖母はしばらく病気を患い、

だんだん弱まって亡くなりました。

最後は検査入院だよって病院に入院し、

そのまま家に帰ってくることはなかったんです。

でも私は祖母のことが大好きだったので、

その検査入院の間に、何回も会いに行きました。

そこでいろんな話をしました。

祖母の生い立ちから始まって、

娘時代はどういう時代だったか。

戦争が大変だった話も聞きました。

戦後の復興期に、祖父といろいろ苦労をした話も聞きました。

いろいろと聞いてみると、ある年代になるまで、ずっと大変なんですね。

毎日毎日、祖母の人生を聞きながら、

1週間聞いてやっと人生の15年分という感じでした。

2週間、3週間くらい病院に入院していたでしょうか。

何日も重ねていくと、祖母の知っていたようで、知らなかった人生の輪郭が、

だんだんと見えてくる。

しばらくすると祖母の体調が思わしくなくなってきました。

そんな時期、ちょうど、

亡くなる2,3日前のことでしたが、

私はそのとき、ふと自分が学んできた心理学で、

関心のあったことを、祖母に聞いてみたくなったのです。

それはどんなことかというと、

「死を前にして、

あなたの人生はどんな人生でしたか?

幸せでしたか?あるいは、不幸でしたか?」という質問でした。

(続きます)