• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

先の見えない世界に光を!~その2~

大学のお掃除のおばさんは黒人で、私もイエローの留学生です。

やっぱり有色人種同士仲良くなるわけです。

ものすごく親切で、本当に仲良しでした。

彼女がある日、あわてて私に言うんです。

「これあなたのじゃない?ゴミ箱に捨ててあったよ」って。

私の名前の“ヨシエ”のところだけ焼け残っていました。

半分火をつけた後で、それをクシャクシャにして捨てたんでしょう。

見つけてきてもらった紙を、私は先生のとこへ持っていきました。

他の院生も真っ青でしたけどね。

盗って焼く人がいるんですね!

足掛け八年になりましたけど。私は留学してとてもよかったと思います。

嫌というほど人を引きずり下ろす、

裏切る世界を見た。

大学を卒業してすぐに、すごく純粋な思いで留学したんです。

本当に純粋培養で育ったと思います。

人を疑わないし、ちょっと声かけて親切にしてもらったら、

「この人すごくいい人!」って本当に思っていました。

それでアメリカに行って、ことごとく裏切られるんですね。

でもそれが現実でした。私が甘かったんです。

そんな甘い話ばかりじゃない、優しい人ばかりじゃない。

もちろん、そうじゃない場合もありますが、

優しく声をかけてくれても裏がある場合がある。

それを知らない、単なる世間知らずの女の子だったんです。

甘かったんです。

 

人種差別はもちろん、いろんな経験や問題に直面しながら、

その中でずっと学んでいくわけです。

でもありがたいことに、

だから人間嫌い!とか、ダメ!などとは思っていません。

根本的には人間が好き。

人間が持っている可能性を信じる。

皆、本質的にはいいところがたくさんあるけれど、

ある状況に置かれたら人間は変わります。

何をしでかすか分からない部分もあります。

平気で人のレポートを盗って焼いて捨てるんですからね。

それで翌日も、研究室で涼しい顔してハローと言える。

そんな人たちを見て、すごいなと思いました。

そして私も学んだんです。

人間の社会っていうのはそういうもんだと。

でも疑心暗鬼の中で、不信もあって疑惑もあって、

愛憎の葛藤で、修羅場の中で私たちは生きているんです。

今の時代は、とくに修羅場が多いですよね。

だから人間塾の設立に参加したのです。

(続きます・・・)