• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

先の見えない世界に光を!~その1~

わたしたちの日常は、とても心騒がしい。

誰が勝って、誰が負けたか。

誰が得して、誰が損したか。

誰がいい人で、誰が悪い人か。

誰が裏切らない人で、誰が裏切る人か。

誰が友達で、誰が敵か。

そんな社会の中で、自分はどう評価されているか。

私たちは、たいてい市場原理の世界に放り出されます。

そこでたくましく、“大事なもの”を見失わないようにしなければいけない。

しかし、人間は無意識に利己的な目的を抱くと言われています。

 

私はアメリカで大学院生時代をおくりました。

大学院ではさまざまな競争があったのですが、

奨学金の申請をする時に、こんなことがありました。

ある日アメリカの友達とレポートを出しに行ったんです。

先生の郵便受けに入れて、「これで終わったね」なんて言っていると、

翌日先生から電話がかかってきた。

「仲野さん、あなたのレポートだけ出てないよ。

1回ちょっと大学に来てください」って。

「ええっー!出しましたよ」って言ったら、

ちょうど私と一緒に出した彼女も来ていて、彼女が出したって言ってくれた。

「おかしいなー、君のだけ無いんだよ」

って先生は言うんですけど、確かにちゃんと出しました。

実は私、20人の同期生の中で一人だけ日本人だったんです。

そして私は奨学金をもらっていました。

その奨学金には試験があって、試験に合格したら授業料が免除されるという、

とてもありがたいものでした。

だから、院生の皆も絶対ほしいんです。

私も前年度分はもらっていて、「来年も」って一生懸命応募しました。

他の皆も応募し、いよいよ審査がくだされるぞという辺りで、

レポートを出しに行って、「ない」って言われた。

「おかしいなー?」って言われて、

先生は、もう一回出してくれるかっていうから、

コピーを家に置いていたのですぐに持ってきました。

「ああこれでいいよ」ってことになったんですが。

その1週間後、半分だけ焼かれた私のレポートが出てきたんです。

ゴミ箱から・・・

(続きます)