• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

「お大切」を生きる〜その5〜

今日から始めよう!:山頂から太陽を見る

宣教師たちの苦心の結果、愛という概念は「お大切」と訳されました。
日本語に堪能じゃない人たちが、知恵を出し合って、
考えあぐねて生み出した言葉、お大切。
私には、かなりズシンと来る言葉です。
言い古されていない言葉だから、真に迫ってくる。
愛の本質を正面から見せられたような気がするんです。
目の前にいる人を、どれだけ大切に扱うか。
目の前で繰り広げられるできごとに、どれだけ心を込めて向き合うか。
人から大切なものを預かったら、皆さん困りませんか。
上にも下にも置かない扱いをするかもしれませんし、
現状維持は当たり前、預かる前よりも状態が悪くなったら悲劇ですね。
私たちは、たくさんの大切なものを預かっていますよ。
まず地球。現状維持はおろか、破壊傾向にありますね。
次世代も預かりものです。
自分のDNAの継承者だけが次世代ではありません。
文字通り、次の世代を担って生きる人々をみな、私たちは預かっているのです。
病気させたらどうしよう、ケガでもしたらどうしよう。
血を分けた我が子なら、だれでも心配します。
しかし、血の繋がりのない、人種も宗教も異なる次世代人たちに対して、
同じような「お大切」の心で接しているかどうか。
大切にするということは、全神経をそこに集中させて、
一生懸命に世話をするっていうことです。
その対象の成長を喜び、幸せを願い、静かに優しく背中を押すことです。
それが「お大切」を生きるっていうことです。
一人で始めれば途方もなく果てしのない旅に感じられるけれど、
皆で始めれば、まだ間に合うはず。
「お大切」を生きる練習は今日からでも始められますよ。

(了)