• よくあるご質問
  • お問い合わせ

心に響く 講演・セミナー集

日常の忘れもの〜その3〜

なぜこんなに変わってきたのか・・・。
私にも明確には分かりません。
しかし、生活が便利になって、
私たちがそれに慣らされて、
当たり前に感じ始めると、
だんだん、楽しみがなくなってくる。

季節・旬を問わず、豊富な果物

楽しみが少なくなると、「もっと楽しいものを」と、
刺激の強いものを求めるでしょ?
でも、刺激の強いもの、もっと楽しいものといっても、
ものごとには限りがありますよ。
私たちの社会は飽和状態です。
目の前の素朴でシンプルな、
それでいて奥深く味わいのある、
素晴らしい事柄に、胸を震わせなくなってしまったのです。
一方で、待たない生活に慣れ、過剰なまでの刺激に親しみ過ぎました。

だから、物事の根本はまず待つこと。
これを忘れてはいけない。
時間がかかっても待たなくちゃならないことが、
人生には数多くある。
5年後、10年後の人生の展望。
いや、20年後、30年後の長い展望を持って、自分を見つめられるか。
これこそ、待つことの真価が問われる作業です。

道

目先勝負ではもうダメなのです。
長期展望にたってものが見れる人間でないと。
今は苦しくても、10年後にはこの苦労も役に立つと、
考えられるかどうか。
楽観的に生きるためにはそれ相当の努力と強さが必要です。
ジタバタすることは誰にでも出来る。
今をじっと耐えて、自分の時の到来を待てるかどうか。

(続きます)